Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク TOPへ戻る すべての商品を見る 油亀ジャーナル
ホーム 第十一回「夏に雪が降る国で」完結編
商品一覧
第十一回「夏に雪が降る国で」完結編
商品並び替え:

「夏に雪が降る国で」完結編

 



油亀のweb通販「油亀ジャーナル」より北海道の陶芸家、馬渡新平さんの白ヒビ粉引角皿 


ようやく、雪華をみつけたのに。
宝冠が作れない。
少年の身体は、ボロボロでした。

「あともう少しなのに、どうしても身体が動かないんだ」

油亀のweb通販「油亀ジャーナル」より愛知県の陶芸家、増田光さんのテント型ふたもの 

お姫様は自分が少年の代わりになれたら、どんなにいいだろうと。
自分を助けてくれた少年のために、涙を流しました。
そんな彼女を見て、少年もまた、涙を流しました。

二人が涙を流したまさにその時。
覚えのある羽音が、聞こえて来ました。

油亀のweb通販「油亀ジャーナル」より山口県の陶芸家、ヒヅミ峠舎さんの染付花文7寸プレート 

そう。
お姫様が高い高い塔に閉じ込められていた時の、お友達。

小鳥たちです。

小鳥たちはくちばしに、ちいさな瓶をくわえていました。
それは、お姫様が小鳥たちにあげていた、夜の雫でした。

小鳥たちは少年に、「夜の雫を飲みなさい」と差し出します。
すると不思議なことに、少年はたちまち元気になったのです。

こうして長い長い年月をかけて、「雪華の宝冠」は完成したのです。

油亀のweb通販「油亀ジャーナル」より新潟県の陶芸家、矢尾板克則さんのレースダイヤモンド 

さてさて。
完結編と銘打ってはおりますが。

読者の知らぬところで、物語は続いていくのです。

夜の女神様に捧げるために、お姫様と少年は旅立ちます。
お姫様が純白の宝国に来た時は天馬でひとっとび。
でも、今度は大切な宝冠を携えて、歩き続けるのです。
お揃いの時計を身につけて。

テゥクタクティクタク、ティティティン。
二人の懐中時計の音が重なります。
果たして、針が何回まわったら。
たどり着くのでしょうか。

お姫様がいた国。
夜の女神様がいる漆黒の国へ。



関連商品はこちら↓ ↓
登録アイテム数: 23件

増田光「テント型ふたもの」
古谷浩一「鉄散 ラッフルプレート M」#102
増田光「テント型ふたもの」
古谷浩一 「ルリ釉 かき氷 コンポート平鉢」
古谷浩一 「鉄散 押型長皿(三つ押)」#144
柳川謙治「染付 菊図隅切四方皿」
加藤祥孝「灰釉 4寸角ドット紋平皿」
矢尾板克則「レースダイヤモンド」
馬渡新平「白ヒビ粉引き 角皿 4寸」
古谷浩一「サビ釉 りんご皿 小」#117
古谷浩一「鉄散 りんご皿 小」#110
古谷浩一「鉄散 彫刻コンポート皿 中」
古谷浩一「ルリ釉 リム皿(17cm)」
古谷浩一「鉄散 彫刻皿 6寸」
増田光「テント型ふたもの」
増田光「テント型ふたもの」
田川亞希 「浮世猫皿」
田川亞希 「浮世猫皿」
加地学「白化粧 灰釉 銅釉  角皿」
ヒヅミ峠舎 三浦圭司・三浦アリサ「染付 『桃太郎、君臨!』十角皿 小」
ヒヅミ峠舎 三浦圭司・三浦アリサ「染付 花文7寸プレート」
ヒヅミ峠舎 三浦圭司・三浦アリサ「染付 タンポポ文7寸プレート」
ヒヅミ峠舎 三浦圭司・三浦アリサ「染付 ほたるぶくろ文7寸プレート」

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス