Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク TOPへ戻る すべての商品を見る 油亀ジャーナル
ホーム 第六回 「寺村光輔 タイトルのことー温故知新編ー」
商品一覧
第六回 「寺村光輔 タイトルのことー温故知新編ー」
商品並び替え:

「寺村光輔 タイトルのことー温故知新編ー」

 



油亀のweb通販「油亀ジャーナル」より栃木県の陶芸家、寺村光輔さんの大鉢 


なぜ、四文字熟語なのかと尋ねられたことがあるので、今日はその話をしようと思う。

陶芸家、寺村光輔の個展のタイトルのことだ。

一度目は「温故知新」で、二度目は「陰翳礼讃」だった。
不思議なもので、タイトルを考えたのは自分なのに、いざ答えるとなるとなかなか難しい。

初めて彼に出会った頃の私は、「伝統」の意味について模索していた。
簡単に答えがでるものでもないし、これが正解という、明確な答えがあるわけでもない。

けれど、美術作品や陶芸をあつかう職を生業にしているからには、避けて通れない問題だ。

私の技量が稚拙なばかりに、作品の価値を貶めるようなことがあってはならない。

作り手の思いに寄り添うことができてないばかりに、作り手の可能性をつぶしてはならない。


油亀のweb通販「油亀ジャーナル」より栃木県の陶芸家、寺村光輔さんの猪口 

そんな不安に苛まれ、自問自答を繰り返していた頃だった。
彼が油亀にやってきたのは。

印象的だった。
他の作り手の作品をみる、彼の眼差しは。

ちょうど、その時は「そば猪口のススメ」という展覧会だった。
手に取るそば猪口一つ一つを、真剣に見つめている。
食い入る様に見つめている。

その光景を少し離れたところで、偶然目にした時、私は愕然とした。
自分は今、目の前にあるそば猪口と、彼のように真剣に向き合っていたのだろうかと。


油亀のweb通販「油亀ジャーナル」より栃木県の陶芸家、寺村光輔さんのオーバルプレート(SS) 

その時だ。
「温故知新」という四文字熟語が脳裏をよぎったのは。
ふるきを温めて、新しきを知る人が目の前にいる。

この人は、ただの益子焼をつくっているのではない。
「伝統」と向き合いながらも、様々な作り手の作品とも向き合い、
信念を持って自分だけの「型」を生み出している。

この人の作るうつわが、いつか「伝統」と呼ばれる日がやってくるに違いない。


油亀のweb通販「油亀ジャーナル」より栃木県の陶芸家、寺村光輔さんのブーケポット

時は流れて2015年11月21日。
一度目の個展の初日がやってきた。
寺村光輔のうつわ展、タイトルはもちろん「温故知新」だった。

さて、この話にはまだまだ続きがある。

私は、彼の作品への向き合い方を見て、考えた。

一体、自分には何が足りていないのかと。
それがわからないなら、この職業を辞したほうがよいのではないかと。

この頃のことも、いつかコラムでお話したい。
それはおそらく、二度目の個展「陰翳礼讃」に、
更には三度目の個展のタイトルつながる物語でもあるのだから。




関連商品はこちら↓ ↓

登録アイテム数: 39件

寺村光輔「泥並釉/瑠璃釉 ブーケポット」
寺村光輔「黒釉青流し そば猪口」
小野田陽一写真集「土と光」
寺村光輔「黒釉 豆花入れ」
寺村光輔「泥並釉 豆花入れ」
寺村光輔「糠青磁釉 豆花入れ」
寺村光輔「糠青磁釉 豆花入れ」
寺村光輔「糠青磁釉 猪口」
寺村光輔「黒釉 猪口」
寺村光輔「林檎灰釉 猪口」
寺村光輔「糠青磁釉 猪口」
寺村光輔「寺山釉 猪口/寺山釉 猪口(薪)」
寺村光輔「泥並釉 猪口」
寺村光輔「糠白釉 猪口(薪)」
寺村光輔「長石釉 蕎麦猪口」
寺村光輔「キッチンクロス」ベージュ
寺村光輔 一品作「瑠璃釉 花器」
寺村光輔「長石釉 オーバルプレートS」
寺村光輔「泥並釉 8寸リム浅鉢」
寺村光輔「泥並釉 6.5寸リム皿」
寺村光輔「林檎釉 7寸深皿」
寺村光輔「長石釉 8寸リム浅鉢」
寺村光輔「糠青磁釉 8寸鉢」
寺村光輔「林檎灰釉 8寸リム皿」
寺村光輔「泥並釉 8寸リム皿」
寺村光輔「泥並釉 蕎麦猪口」
寺村光輔「林檎灰釉 豆花入れ」
寺村光輔「長石釉 豆花入れ」
寺村光輔「長石釉 カトラリーポット(小)」
寺村光輔「長石釉 マグカップ(大)」
寺村光輔「泥並釉 マグカップ」
寺村光輔「黒釉/樫灰釉 豆皿」
寺村光輔「林檎灰釉 取皿」
寺村光輔「瑠璃釉 蕎麦猪口」
寺村光輔「林檎灰釉 6.5寸浅鉢」
寺村光輔「林檎灰釉 6.5寸鉢」
寺村光輔「泥並釉 7寸皿」
寺村光輔「瑠璃釉 7寸リム皿」
寺村光輔「灰釉 オーバルプレートS」

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス