Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク TOPへ戻る すべての商品を見る 油亀ジャーナル
ホーム 第七回 「武者千夏子 雨があがれば 」
商品一覧
第七回 「武者千夏子 雨があがれば 」
商品並び替え:

「武者千夏子 雨があがれば 」

 



油亀のweb通販「油亀ジャーナル」より北海道の陶芸家、武者千夏子さんの傘そば猪口 


君の持ち主は、雨があがると、君をもってきたことをすっかり忘れる人だった。
帰り道で気がつくのは、たいがい僕だった。

取りに行くかと聞けば、いつも答えはイエス。
幸いにも、置き忘れたであろう場所にそのままあったり、
親切な人がインフォメーションやお店の人に届けてくれていた。


今、君を探しているだろうか。
君の持ち主は。

油亀のweb通販「油亀ジャーナル」より北海道の陶芸家、武者千夏子さんの傘そば猪口 

ほんとうに、何度、君を忘れていっただろう。
電車の座席、本屋の床、図書館の傘立て。
お気に入りのカフェ、友人の家、動物園のベンチ。
そして、僕の家。

どちらかといえば、しっかり者だ。
喜怒哀楽も、顔にあまりださない。
いつも眉間にしわをよせてる。
本人も気にしていたのか。
僕がそのシワをのばして、おでこをマッサージするのを喜んでいた。

いつからだろう。
一緒に電車に乗ることも、本屋に行くことも。
図書館にもカフェにも、友人の家にも。
動物園にもいかなくなったのは。

油亀のweb通販「油亀ジャーナル」より北海道の陶芸家、武者千夏子さんの傘そば猪口

好きな動物は狼で、東山動植物園は特にお気にいりだった。
朝から雨が降っていて、それでも傘をさして狼舎の前に佇んでいた。
狼は雨から避難していたから、なかなか見れなかったけれど。
これはこれで、幸せな時間だった。

僕たちは出かけるたびに、雨に降られるものだから。
雨男だ、雨女だと、軽口を言いあったけ。

でもそれも、お互いに気持ちが向き合っていたから。


激しい喧嘩をしたわけでもない。
明確なすれ違いがあったわけでもない。
でもきっと、何かがあったから、でかけることはなくなって。
その何かがわからないから、あの日がやってきた。

油亀のweb通販「油亀ジャーナル」より北海道の陶芸家、武者千夏子さんの傘そば猪口 

やっぱり、雨が降っていた。
貸していたことすら忘れていた漫画を、返してくれたのが彼女らしい。

本を返すときすもやっぱり、眉間にシワを寄せていた。
最後にマッサージをしていいかと聞こうと思ったけど、やめておいた。
きっと、困って、また眉間にシワを寄せてしまうだろうから。

来たときに降っていた雨は、帰る頃にはあがっていた。
案の定、君は僕の家の傘立てに、置き去りにされていた。

取りに来るだろうか。
それとも来ないだろうか。

少し期待してしまう自分はやはり、君の持ち主がまだ好きで、会いたいと思っている。





関連商品はこちら↓ ↓
登録アイテム数: 11件


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス