Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク TOPへ戻る すべての商品を見る 油亀ジャーナル
ホーム 第二回 「祖母と梅干し」前編
商品一覧
第二回 「祖母と梅干し」前編
商品並び替え:

「祖母と梅干し」前編

 



アートスペース油亀企画展 ​寺村光輔のうつわ展「陰翳礼讃」DM 


祖母が明治生まれだと話すと、大抵の人は驚く。
確かに、私の世代では珍しいかもしれない。
友人の家なら、曾祖母でもおかしくないくらいだ。


この祖母。
とにかく礼儀に厳しい、チャキチャキの江戸っ子だった。
暇さえあれば、孫に口を酸っぱくして訓示を垂れる。
「目上の人を敬いなさい」は、まあいい。
「人様に感謝の心を忘れないようにしなさい」も。


でも。


「意地悪をしてくる人間にこそ、優しく接しなさい」

という教えだけは、素直に聞き入れることができなかった。
祖母いわく「どんな人にも誠意を尽くせば気持ちは伝わる」ということらしい。
なぜ、自分に意地悪をしてくる人間に優しくしないといけないのかと、
私は言われるたびに腹がたっていた。


それでも、祖母のいうことは我が家のバイブル。
その教えを粛々と受け入れているふりをしていたのが、小学生低学年の頃。
口うるさい祖母を内心煙たく思いながら、日々を過ごしていた。
アートスペース油亀企画展 ​寺村光輔のうつわ展「陰翳礼讃」DM 

三年生に上がる年。父の転勤にともない、引っ越しをした。
それまで住んでいたビル群が立ち並ぶ大都市から、工場が軒を連ねる職人の町へ。
小さな路地が迷路のように行き交い、野良猫はにゃあにゃあと鳴く。
見るもの聞くものすべてが新鮮で、毎日が探検だった。
ただ、転校した小学校ではなかなか友達ができなかった。
同級生たちが交わす独特の方言での会話は、聞き取ることはできないし、
もちろんしゃべれない。


探検隊を結成して、町を縦横無尽に駆け巡りたいという願いはかなわぬまま、
夏休みを迎えてしまった。
当然、一人ぼっち。朝起きる。
ラジオ体操に行く。
帰宅して宿題をする。
昼寝。
アニメの再放送をみる。
夕方に近所をウロウロ。
そんな毎日の繰り返しだった。


このままずっと、友達ができないのではという不安にかられ、
前に住んでいた場所へ帰りたくてしかたがなかった。
誰にも現状を打ち明けることができない。
友達がいないなんてかっこわるい。
悶々とした日々が続いていた。
夏休みが終わって、学校にいくのも嫌で嫌でたまらなかったある日。
アートスペース油亀企画展 ​寺村光輔のうつわ展「陰翳礼讃」DM 

そうだ、お盆の頃だ。
夕暮れといってもまだ日が浅い午後5時。
送り火を始めた祖母を尻目に、鬱々とした気持ちを持て余しながら、家を出た。
どの家でも送り火が始まっている。


往くあてもない私がたどり着いたのは、近所の神社だった。
ドーベルマンさながらの美しい肢体の狛犬が物珍しくて、私のお気に入りの場所だった。
その日の境内には、なぜか普段は見かけない子どもたちが集まっていた。
仲よさげに談笑している姿を目にした瞬間、引き返そうと思った。
あの輪の中には入れないから。いたたまれない気持ちになるのは、目に見えている。


しかし、子どもたちの一人が私を呼んだ。
手招きをした。何が起こったのか、最初はわからなかった。
目を疑ったけれど、たしかに目の前で私に手招きしている。
恐る恐る近寄ると、彼らは口々に言った。


「遊ぼう」と。


それはなかなか馴染めない方言で言われたはずだったのに、
その時だけはするりと伝わってきた。
自分たちの間ではやっているという「梅干し鬼ごっこ」をしようと、しきりに提案してくる。
君は「梅干し鬼」の役だ。「梅干し鬼」は主役だからすごいことなんだ。
そんな重要な役を任せてくれたことが、単純に嬉しかった。
詳細も聞かぬまま「梅干し鬼」役になった私は、
みんなが散り散りになるのを見届けて、勇んで探しに出かけた。


出かけて探して、どんなに探しても、みんなどこにもいなかった。
どこにいったんだろう。
どうしていないんだろう。
不安な気持ちになりながらも、
その時の私は初めて遊びに誘ってくれたことが、ただただ嬉しかった。
だから、一生懸命みんなを探した。
探して探して探して。
アートスペース油亀企画展 ​寺村光輔のうつわ展「陰翳礼讃」DM

日もとうに暮れた頃、祖母が私を探しに来た。
遅くまで帰ってこない孫に腹を立てているのか、
表情はみるからに怒っていたけれど、まだみんなを探せてない私は、必死に訴えた。


「今日、梅干し鬼ごっこをして、僕が梅干し鬼の役なんだよ!
みんなを探さないといけないんだよ。」


その訴えを聞いた祖母は、険しい表情が一変。
私の手を握り、今まで聞いたことが無い、優しい口調で語りかけてきた。


「もうみんなお家に帰っているから、私達も帰りましょう。」


いつもの厳しい祖母だったら、言うことを聞かず、まだみんなを探していたかもしれない。
ただ、幼いながらに祖母の変化にただならぬものを感じた私は、
素直に祖母と一緒に家に帰り、帰って縁側に二人で座り、
祖母が漬けた梅干しを食べた。


皿に梅干しをよそってくれる祖母は、なぜか涙を流していた。



関連商品はこちら↓ ↓

登録アイテム数: 46件

肥後博己「織部 ダ円豆皿」
古谷浩一 油亀限定「鉄散 雲皿 小」#113
仁城義勝「蓋付小鉢」
古谷浩一「鉄散 ラッフルプレート S」#120
古谷浩一「錆釉 ラッフルプレート 小」#124
古谷浩一 「荒鉄線 しずく取皿」#153
田村文宏「黒褐釉皿4寸」
田村文宏「灰釉皿」
田村文宏「灰粉引深皿4寸」
ヒヅミ峠舎 三浦圭司・三浦アリサ「染付 出世魚豆皿」
寺村光輔「黒釉/樫灰釉 豆皿」
肥後仁美「丸豆皿」
栢野紀文「カラフル豆皿」
栢野紀文「星豆皿」
栢野紀文「楕円豆皿」
加藤祥孝「鉄釉 輪花豆鉢」
加藤祥孝「グレー粉引 輪花豆鉢」
加藤祥孝「粉引 八角長豆皿」
加藤祥孝「鉄釉 八角長豆皿」
喜多代京子「flower 豆皿」
武者千夏子「トランプ豆皿」
寺村光輔「瑠璃釉 オーバルプレート(SS)」
増田光「青い楕円皿(小)」
日高直子「染付 小鉢」
田村文宏「白磁 輪花皿 4寸」「白磁 輪花皿 5寸」
田村文宏「雲文皿」
田村文宏「白磁皿」
田村文宏「白磁皿」
寺村光輔「瑠璃釉 四方皿」
寺村光輔「瑠璃釉 取皿」
寺村光輔「瑠璃釉 八角皿」
寺村光輔「白釉 取皿」
寺村光輔「うのふ釉 取皿」
寺村光輔「糠青磁釉 オーバルプレート(SS)」
田村文宏「鉄釉印花まめ皿」
武者千夏子「はしおき 文庫型」
武者千夏子「はしおき 文庫型」
武者千夏子「はしおき 文庫型」
栢野紀文「カラフル 楕円小皿」
寺村光輔「泥並釉 隅入小皿」
寺村光輔「糠青磁釉 隅入小皿」
田村文宏「白磁豆皿」
武者千夏子「トランプ豆皿」
武者千夏子「トランプ豆皿」
田村文宏「灰粉引豆皿」
寺村光輔「瑠璃釉 オクトゴナル豆皿」

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス